Taima.orgのメインページに戻る
大麻とは何か?
English

参照項目:
See also: 繊維、食物、燃料マリファナ宗教法律
See also: Taima.orgについてメーリングリストCD ROM

A hemp shot from the 'High Times' gallery
Cannabis sativa L.
ヘンプ(日本語:麻または大麻)とは植物学的にカンナビス サティーバとして知られている植物の一般的な英語(日本語)名です。 大麻は人類によって最初に栽培された植物の一つであり、もっとも用途が多いもののひとつです。 大麻は私達にその茎から衣服のための繊維と紙を、種から食物と燃料のための油を、そしてその花から薬を供給することができます。 大麻は人類に知られている最も安全な 薬効のある リクレーション用のそして 精神的な薬を私達に提供します、おそらく アルコールやタバコや沢山の処方箋無しの薬や処方薬よりも健康に害がありません。 まだこれらの事実の深さにもかかわらず大麻の所有と使用はおおくの暴力的な犯罪に対するよりも一層厳しい 刑事上の処罰がもたらされます。

大麻植物の特徴は多幸感治癒力のある特質を有するTHCと呼ばれる物質を2から20%含んでいることです。 THCの豊富な大麻はインド大麻として知られており、主に二つの形態で使用されます。乾燥した葉と花(”マリファナ”)としてまたは圧縮した樹脂であるもう一つの植物原料(”ハッシッシ”)としてです。 吸入するか食べるかして使用します。中国とエジプトでは少なくとも五千年の間、大麻は薬として使われています、そして大麻はおそらく世界の中でもっとも徹底的に調査・研究された薬の一つです。大麻のとり過ぎやそのアレルギー反応のせいでは決して人ひとりでも死に至ることはありません。ドラッグ弊害の専門家は大麻を ほぼコーヒーと同じくらいの習慣性であると評価しています。

A famous hemp farmer 
as he appears on $1 bills: 
George Washington
One hemp grower
大麻は最も古く 最も重要な繊維と油料種子植物の一つです。 産業革命までは大麻は大部分の紙と同じようにヨーロッパ、アメリカ、 日本において身につけられていた布地のほとんどを供給しました。 大麻の種子の油はガソリンが使用されるようになる前までランプの中で灯されました。 世界の最も優れた絵画は大麻布の上に大麻油で描かれています。

産業用の大麻は世界中に及ぶ(アメリカ合衆国を除くすべてのG7の国を含む) 29の国々において栽培することが合法的に認められています、そしてはっきりと 国際ドラッグ条約を免除されています、 その下では産業用大麻は言わばホウレン草、トマトよりも厳しい規制を受ける必要はありません。 園芸目的の大麻栽培も同様に免除されています。普通、 リクレーション用のドラッグとして完全に使えなくするために繊維と種子用の大麻栽培の品種はTHCは低いのですが(<1%THC)、たとえTHCの含有量が1%位であってもTHCの効果を抑えるCBDは高いのです。

私達は有用性が高い再生可能な資源として大麻を農業や産業に再導入するべきだと信じています。 私達は同様に大麻の 精神的医療用レクレーション用 の使用は犯罪として処罰すべきではないと思います。 医療用でない大麻薬の使用はアルコールやタバコと同様の規制と税を課すべきです。

リンク:
See also: 「日本の麻」図書館
See also: 大麻に関する日本のウェブサイト
See also: 改革的大麻とドラッグの国際的なウェブサイト
See also: 大麻に関する国際的な政府の出版物
See also: 私的な個人によるウェブサイト


Taima.orgのメインページに戻る
Taima.orgのメインページに戻る

English